初めて車を購入する時の中古車の選び方とは?


軽自動車の中古車を購入する

車の免許を取得して初めて車を購入する時は、中古車を購入するのがお勧めです。そこで、中古車の選び方のポイントは、軽自動車を選ぶ事です。中古車の場合は、乗用車でも価格が安く設定されている事もあり、100万円以内でもさまざまな車種の車を購入する事が出来ます。では、なぜ軽自動車がお勧めなのかというと、まずは乗用車よりもかなり安くなっている事があり、50万円前後でも多くの軽自動車が販売されています。さらに、小回りが利き、ボディが小型なので運転技術がまだ高くない人でも運転しやすいです。

駐車場に駐車する時にも、軽自動車の方が乗用車よりも駐車しやすいので、免許を取得したばかりの人に合っていると言えます。また、車の価格が安いとローンを組みやすいです。

古い中古車は購入を控える

中古車の中には、古い車も多くあり、例えば既に20年以上走行している車を販売している事も珍しくないです。ここで、大事になるのはあまりに古い車は購入しない事です。車は古くなるほど、価格が安くなる傾向が強く、20年以上走行している車なら50万円以内で購入出来る事もあります。しかし、古い車は、それだけエンジンなどが劣化している可能性が高く、すぐに故障してしまうリスクがあります。長年乗りたいのであれば、比較的新しい中古車を購入するのがお勧めです。

車の整備技術が向上しているので、整備技術が高い専門店で購入すれば、古い車でも長く乗れる可能性はあります。しかし、長く乗れる保証はまったくないので、長く乗れる車を選ぶ事を意識します。

スタイリッシュなボルボの中古車は、いつの時代も大人の心を掴んでいます。そんな格好良い車で、颯爽とドライブに出かけてみてはいかがですか。