怪我をしないように使い方を覚えよう…あると便利な電動工具!


初心者におすすめの電動工具

インパクトドライバー及び電動ドリルの使い方としては、チャックに適切な直径のビットを装着します。装着できるアタッチメントはドライバー、六角レンチ、ドリルなど豊富にあります。用途に応じて種類を選ぶことができるので、電動工具の中でもこれほど使い勝手が良いものはないかもしれません。大抵のモデルにはトルク調節がついていますので、これによって閉める力や回す力を調節することができます。充電式のものが多いのでバッテリー切れを起こさないように注意しましょう。

実用的なDIY向け!

木材加工が好きな方にうってつけなのが電動丸ノコです。直線の木材を一本買ってくれば、これひとつで必要な長さに切断することができます。ベニヤ板などの面積の広い木材にも使用できるし、ツーバイフォー材なども束ねて切ることも可能です。工作を越えた実用的なDIYを行うにあたっては、電動丸ノコは欠かせないアイテムとなるでしょう。安全装置は必ず付いていますが、丸ノコの刃は高速で回転するため、誤った使い方をすると大怪我に繋がりますから、しっかりと固定できる作業台も必要になります。

完成品の仕上げにはこれ

角落としやバリ取りにはヤスリをかけます。ヤスリの種類は色々あってハンド式のものもあれば、目の粗さを選べる紙やすりもあります。力が要る作業ではありませんが、ヤスリがけも長時間に及ぶと手を痛めます。電動サンダーには、紙ヤスリをそのまま取り付けられるタイプがあり、そうしたタイプを使えば、専用のヤスリをわざわざ購入しないでも済みます。サンダーの使うコツは、深く削りたければ強く押し付けるようにします。押し付ける力によって削る量を調整するといいでしょう。

誤った使用などの理由で故障した電動工具の買取依頼が出来る理由は部品取りが主な理由です。旧型の工具は製造中止になっている物が多いため、修理に使える部品を確保する目的で壊れた工具も買い取っています。